赤でも白でも合う!「スペアリブのポトフスープ」

ワインに合うレシピ第二弾は「スペアリブのポトフスープ」

脂が多めのスペアリブを、ハーブの香り豊かなスープで煮込んだポトフは、すっきりしたワインによく合います。

「肉なら赤」というイメージがありますが、野菜をたくさん使うポトフには実は白もオススメ。

白ワインは甘口から辛口まで味わいの幅が広いので、料理に合う自分流のマッチングを見つけるのも楽しみの一つ。

もちろん、赤なら今月解禁のボジョレーヌーヴォー、シラー種を使った赤ワインも合いますよー☆

ワインとポトフは相性抜群、高いワインじゃなくても、相乗効果で両方おいしくなること請け合いです~。

作り方

材料例(3-4人前)
じゃがいも・・・2個(約300g)
キャベツ・・・1/4個(約300g)
玉ねぎ・・・1個(約250g)
人参・・・1本(約230g)
ウィンナー・・・6本(約90g)
スペアリブ・・・300g
野菜をいっぱい食べるスープ ポトフスープ・・・1袋

※季節のおすすめ野菜
春:セロリ、 夏:パプリカ、 秋:マッシュルーム、 冬:れんこん

※その他のおすすめ材料
鶏手羽・ロールキャベツ等お好みの材料でお召し上がりください。

手順

  1. 大きめにカットした具材とスペアリブを鍋に並べ、スープを加えます。
    ※スープはよく振ってから鍋に入れてください。
  2. ふたをして中火にかけ、沸騰したら火を弱火にします。約20分煮込み、材料がやわらかくなったら出来上がりです。

※お好みでマスタードや黒こしょうを添えてお召し上がりください。

アレンジ色々


今回使ったスープの素は、野菜本来のおいしさを充分に引き立たせるため、ポークとチキンのブイヨンをベースに、オニオンやハーブで仕上げてあります。

つ・ま・り

煮込み料理のベースとしても最適なんですよ~。

二日目はカレーにしたり、トマト缶でミネストローネにするのもオススメ!

ポトフは元々、家庭で作る煮込み料理。日本のポトフは「おでん」という説があるそうです。

いろいろな具材や調味料を足して、「我が家のポトフ」を作り上げてください☆

LINEで送る
Pocket
Post to Google Buzz
Bookmark this on BuzzURL



ダイショーの通信販売では、店舗での流通が少ない調味料の他、食品メーカーとして培った原材料の素材知識を活かし『キレイをおいしく・明日を元気に!Healthy & Beauty』をコンセプトに開発した健康美容食品をお届けします。

btn4