おめでたい初夢とろろ鍋!一富士・二鷹・三茄子!

新年最初のレシピは、おめでたい初夢の一富士をお鍋で。

とろろをかけるだけで、いつものお鍋がさらにおいしく、しかも見た目にもおめでたーく変身してしまいますよ~。

数あるお鍋スープの中でも、とろろを入れるのにオススメなのが、「野菜をいっぱい食べる鍋 あっさり醤油味」。お醤油+とろろの鉄壁コンビです。

野菜本来のおいしさを充分に引き立たせるため、醤油に昆布・鰹・椎茸だしと丸鶏の旨みを加え、本みりんで風味豊かに仕上げた、野菜が主役の鍋スープ。

とろろが加わることで、寒さで弱った消化機能に優しいお鍋になります♪

作り方

材料例(3-4人前)
山芋・・・・・・・1/2本
白菜・・・・・・・1/4株
長ねぎ・・・・・・1本
大根・・・・・・・1/4本
人参・・・・・・・1/3本
しめじ・・・・・・・1袋
鶏もも肉・・・・・200g
豆腐・・・・・・・・1/2丁
野菜をいっぱい食べる鍋 あっさり醤油味・・・1袋
※その他のおすすめ材料
ごぼう・春菊・水菜・えのき茸・しいたけ・油揚げ等お好みの材料でお召し上がりください。

作り方

  1. 山芋はすりおろしておきます。その他の具材は食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋にスープを入れて火にかけ、沸騰したら肉を加えます。※スープはよく振ってから鍋に入れてください。
  3. 再び沸騰したら、火を中火におとし、アクをとり、白菜の茎(かたい部分)・長ねぎ・大根・人参・しめじ・豆腐を入れます。火が通ったら白菜の葉・山芋を加え、ひと煮立ちさせたら出来上がりです。

富士山っぽく見せるには

少し腰のある葉野菜、キャベツや白菜の芯の部分を土台として使い、その上に葉を乗せて形を整えるとGoodです。

お召し上がりの前、煮えた具材を鍋の中央部分に盛り上げて、上からとろろをかけると富士山に!

ちなみに、鷹の爪や鷹に見えなくも無い(?)油揚げ、ナスも添えると、3つの初夢シンボルが揃っちゃいます☆

じつは一富士二鷹三茄子・・・の次があるとかないとか・・・

四扇・五煙草・六座頭・・・というのが、江戸時代の辞書『俚言集覧』の欄外に書いてあるそうです。

6までお鍋で表現出来た方、是非インスタなどで教えてくださいねっ。

鍋あとは!うめ雑炊

  1. 鍋あとにごはん(茶わん1杯)を入れ、中火にかけます。(約3分)
  2. ひと煮立ちしたら火を止め、きざんだ梅干し(2個)を加えて軽くかき混ぜます。
    お好みできざみねぎ・きざみのりをちらしてお召し上がりください。

新年のご挨拶


みなさまのご健康とご多幸を心より願い、今年もダイショーは、「おいしさでしあわせをつくれ」るよう邁進いたします。

2021年が、どうか素晴らしい一年になりますように。

今年もダイショーとダイショーブログを、よろしくお願いいたします!

LINEで送る
Pocket
Post to Google Buzz
Bookmark this on BuzzURL



ダイショーの通信販売では、店舗での流通が少ない調味料の他、食品メーカーとして培った原材料の素材知識を活かし『キレイをおいしく・明日を元気に!Healthy & Beauty』をコンセプトに開発した健康美容食品をお届けします。

btn4