簡単おろしポン酢ハンバーグは和風ハンバーグの王道!さっぱりしてとてもヘルシー!

簡単おろしポン酢ハンバーグは和風ハンバーグの王道!さっぱりしてとてもヘルシーです。そんな和風ハンバーグの簡単なレシピを紹介します。

まず。ハンバーグのたねを準備します。4人前の場合は材料は以下のとおりになります。

 

合いびき肉:700g、炒め玉ねぎ:大1個、乾燥した高野豆腐(水に戻さずに使います):1個

絹ごし豆腐:300g1丁

卵:1個

塩コショウ、お好みでおろしショウガやニンニクパウダーを入れてもOK

※ただし、あまり入れすぎるとポン酢の風味が弱くなってしまうので、かくし味程度におさえましょう

顆粒のだしの素:小さじ1杯

調理の開始

まず、大きめのボウルの中で、合いびき肉に塩小さじ1杯を振り、粘り気が出るまでよく捏ねます。そこに炒め玉ねぎ、卵、絹ごし豆腐、だしの素を投入します。絹ごし豆腐は前もって水気を切らなくても大丈夫です。パックから出して、そのまま手でちぎりながら混ぜ込みます。

高野豆腐は乾燥している物を、ボウルの上でおろし金で摩り下ろします。水で戻さずに使ってください。焼いた肉汁が高野豆腐の破片に浸み込みます。あまりに大きい破片だと口当たりが悪くなってしまうので、乾いた状態で摩り下ろしたほうが無難です。コショウは少し多めに入れ、後は、適当な大きさの小判型に成型していきます。

加熱の流れ

フライパンで焼く際には、たねから油が出てくるので、油はひかずに焼き始めます。

火が付いていない状態のフライパンに成型したハンバーグを並べていきます。これは、全てのハンバーグの火の通り方を同じにするためです。フライパンを熱した状態からハンバーグを並べていくと、最初と最後で火の通り方が違ってきます。一つや二つなら構いませんが、フライパン全体に並べるので、同じ条件にしてから焼きましょう。

強火から焼き始め、ハンバーグの周囲の色が変化してきたら、フタをして中火~弱火にします。5~10分すると表面の色が全体的に変わっているので、ひっくり返します。フライパンの中の余分な油が多いと焦げの原因にもなり、火の通り方も変わってきます。焼きムラが出ないように、出てきた油があまりに多い時は、キッチンペーパーでとりましょう。

焼きはじめと同様に、しかし今度はフライパンが全体に熱くなっているので、すぐにフタをします。あとは火が通れば出来上がりです。もしも、オーブンで仕上げる場合は、両面を強火でこんがり焼いてからオーブンで火を通してください。

和風たれを作成しましょう

次にたれを作ります。洋風のソースであれば、肉汁を使いますが、和風なので肉汁は使わず、さっぱりとさせましょう。

材料は、市販のおろしポン酢か、ポン酢と大根おろし、ごま油適量、お好みでシソと青ネギ、柚子コショウ。
市販のおろしポン酢も美味しい物がたくさんありますから、そちらを使っても大丈夫です。

手作りするようなら、ポン酢に大根おろしをたっぷりと入れ、ごま油を適量垂らします。柚子コショウをお好みで入れるとさっぱりとした柚子の風味の中に、ぴりりとした辛味が格別です。焼きたてのハンバーグにシソを乗せて、たれをたっぷりかけてお召し上がり下さい。

【40袋セット】ハンバーグの素 55g

【40袋セット】ハンバーグの素 55g

LINEで送る
Pocket
Post to Google Buzz
Bookmark this on BuzzURL

btn4