とっても簡単海鮮アヒージョをご家庭で作ってみませんか

アヒージョというのは、ニンニク風味という意味で、ニンニクとオリーブオイルで煮込むスペインのマドリードから南の小皿料理の代表的なものの一種です。ここでは、アヒージョの作り方についてご紹介しましょう。

基本的なアヒージョの材料は、ニンニク・オリーブオイル・塩・鷹の爪・具材・シェリー酒のみです。作り方も非常に簡単です。食べてみたいものの具材の下ごしらえと、ニンニクをスライスあるいはみじん切りにします。

用意ができたら、耐熱性がある直火にかけることができる陶器に、ニンニク・オリーブオイル・塩・鷹の爪を入れて火にかけます。

なお、このような陶器がなければ、小さめのフライパンやグラタン皿などで代用ができます。ニンニクが少し色付いてきたら具材を入れて、煮立てば5分~10分弱火で煮ると完成です。仕上げに、好みによってシェリー酒を入れると、味わいがより本格的なものになります。

まずは新鮮な海鮮でアヒージョを作ってみましょう。

海老のアヒージョの作り方

e1fafa9b4ca8230bf07b9a2c6114cf7a_s

海老のアヒージョの作り方についてご紹介しましょう。
2人分の材料としては、100gの茹で海老、2片のみじん切りのニンニク、1本の唐辛子、100cc~のオリーブオイル、適量の塩です。

ニンニクをみじん切りにして、唐辛子はぶつ切りにして種を取り除きます。鍋に材料を入れて火にかけます。5分程度じっくり弱火で、香りをオイルに移していきます。焦げつかないように注意しましょう。海老をプラスして中火にします。オイルが不足していると追加します。適量の塩を加えます。煮たってくれば、5分程度弱火煮ると完成です。

海老のアヒージョが美味しくなる方法についてご紹介しましょう。海老は生でも問題ありません。殻を剥いて背わたを取って、塩をふった海老を使用しましょう。殻が付いていても付いていなくても問題ありませんが、殻が付いている方が濃厚な海老味になるでしょう。

和風のタコのアヒージョの作り方

和風のタコのアヒージョの作り方についてご紹介しましょう。
3人分の材料としては、150gのゆでたたこの足、1/2パックのしめじ、小さじ2杯の生しょうゆ、少々の小口切りの青ねぎ、1/3本分のフランスパン、大さじ5杯分のオリーブオイル、1片分のみじん切りのにんにくです。

たこは一口大の厚さ7mm~8mmに切ります。しめじは小房に分けます。フランスパンは薄切りにして焼きます。小さめのフライパンに、大さじ5杯分のオリーブオイルと1片分のみじん切りのニンニクを入れて弱火で加熱し、ニンニクの香りが出れば、しめじとたこをプラスして煮ます。

しめじに火が通ったら火を止めて。調味するために生しょうゆをプラスします。フランスパンと一緒にこれを器に盛って、青ねぎを散らします。そのままだけでなく、フランスパンに残ったオイルを染み込ませたり、フランスパンにのせたりして食べましょう。

牡蠣のアヒージョの作り方

ee9da7ef85587d52bebd365e36866c78_s

牡蠣のアヒージョの作り方についてご紹介しましょう。
2人~4人分の材料としては、1パックの生食用の牡蠣、小さじ2杯分の牡蠣を下処理するための塩、2本の鷹の爪、1かけのニンニク、小さじ1/2杯分の塩、適量の粗挽き黒胡椒、耐熱皿のサイズによって100cc~のオリーブオイルです。

塩と水をボールに入れて塩水を作って、この塩水に牡蠣を入れて、牡蠣をくるくるとやさしく混ぜるようにして洗います。牡蠣を流水で水の濁りがなくなるまですすいで、ザルにあげて水を切って、キッチンペーパーで水気を拭きます。

半分に切って種を除いた鷹の爪、みじん切りにしたニンニク、塩、オリーブオイルを、耐熱皿に1cmの深さ程度入れてざっと全体を混ぜます。牡蠣を耐熱皿に並べて、牡蠣がオリーブオイルでヒタヒタになる程度まで足して、粗挽き黒胡椒をふります。全体をアルミホイルで覆って、トースターで10分~15分、1000wで加熱すると完成です。

牡蠣のアヒージョが美味しくなる方法についてご紹介しましょう。生食用の牡蠣を使用するため、美味しいのは加熱し過ぎないで、熱々&プリプリを食べることです。耐熱皿のサイズによって、オリーブオイルの量は違ってきますが、牡蠣がヒタヒタになる程度が目安です。お好みで塩の量もコントロールしましょう。

鯛のアヒージョの作り方

鯛のアヒージョの作り方についてご紹介しましょう。
3人分の材料としては、200gの鯛、3個のニンニク、大さじ5杯分のオリーブオイル、半分の鷹の爪、大さじ3杯分の白ワイン、小さじ3杯分の塩です。

全てのニンニクを細かいみじん切りにします。次に、鯛を皮ごと一口サイズにぶつ切りにします。鍋にニンニク、オリーブオイルを入れて、ニンニクがきつね色になるまで弱火で待ちます。ニンニクがきつね色になると、強火にして鯛を入れます。

鯛に少し火が通ってくると、白ワインを入れてアルコールを飛ばします。最後に、味を整えるために鷹の爪、塩を入れると完成です。鯛のアヒージョが美味しくなる方法は、煮込み過ぎなく熱々で仕上げることです。

【10個セット】きのこがおいしい!アヒージョの素

【10個セット】きのこがおいしい!アヒージョの素

 

LINEで送る
Pocket
Post to Google Buzz
Bookmark this on BuzzURL

btn4