漬け物マニアをも唸らせる!簡単からし漬け

急に猛暑が続いて既に夏ばて気味・・・な7月は、食卓のバイプレイヤー「漬け物」で食欲アップといきましょう~。

からし漬けは、比較的広い範囲で親しまれている漬け物ですが、実は人によって味の好みがけっこう分かれるってご存じでしょうか。

基本になるのは、からし・塩・砂糖とたった3つの調味料なのですが、この比率が家庭によってずいぶん違うようで・・・。

さらに、酢を入れる・ダシを入れる・酒(または酒麹)を足す、という3種類のプラスアルファの組み合わせでバリエーションがあるようです。

まぁまぁ、でもまずはこれをちょっと試してください。

きゅうり

作り方

材料 分量(人分)
きゅうり・・・3本(約300g)
からし漬けの素・・・本品1袋

作り方

  1. きゅうりを5mm厚の斜め切りにしてビニール袋に入れ、本品を加え、よくもみ込みます。(約30回)
  2. 空気を抜いて袋の口を輪ゴム等でとじ、冷蔵庫で漬け込みます。
  3. 約24時間漬け込んだら、調味液を捨て、洗わずに軽く絞って、そのまま器に盛り付けお召し上がりください。

※漬け上がったきゅうりは冷蔵庫で保存し、早めにお召し上がりください。
※お好みの野菜300gを目安にお使いください。
※形が崩れやすい野菜は、やさしくもみ込んでください。

本品「からし漬けの素」には、鰹だしと昆布だしが効いています!

アレンジTips

基本となる味を抑えてしまえば、あとは少しの調味料で調整できるので、こだわりの「からし漬け」を探す旅に出かけましょう!

調味料を足してみる

「からし漬けの素」はけっこう辛みがありますが、それでも足りない!という辛党の方は、市販のからし粉を少し足して揉んでみてください。

酸味が欲しいときはもちろんお酢を小さじ1杯程度加えたり、発酵した感じが欲しい時は酒粕を加えてみるのも◎です!

顆粒だしを少し足すのもアリ!

野菜を変えてみる

野菜

蓮根や長芋は味が浸みづらそうに思えますが、あっさり浸かって歯ごたえもよく、ついつい箸が進んでしまいますよ~~。

ナスは少ししっかり目に揉んであげると吉です!

お気に入りのアレンジや、これがうまい!という野菜が見つかったら、ツイッターなどで是非ぜひ教えてくださーい!

LINEで送る
Pocket
Post to Google Buzz
Bookmark this on BuzzURL

btn4