しまった!が無いように”調味料の賞味期限”が簡単に分かる保存法とは??

毎日料理を作る際には調味料を使用しますが、

その調味料には賞味期限があります。

気を付けていてもつい期限が切れた、

という場面に出会う方も少なくありません。

 

調味料の保存法として、色々な方法がありますが、

まず鮮度を保つということを重点的におかなければなりません。

 

特に小麦粉やパン粉、

片栗粉は湿気に弱くダニなどが発生しやすいのが特徴です。

 

口に入れる食品なのでしっかりとした保存を行うことが大切です。

毎日使うものであるからこそしっかりとした管理を行い、

快適に使用できる体制を整えることが大事です。

 

保存容器をしっかりと活用しよう!!

5086607
近年ではしっかりとした機能性の高い保存容器が発売されており、

密閉性も高くダニや害虫の侵入を防ぎます。

口にいれる食品は清潔な状態を維持できることが相応しく、

保存容器などはきちんと蓋が閉まるもの、鮮度を保つものが最も理想的です。
またそれに加えて賞味期限が明確に分かる保存法が

使う側にとっては分かりやすく使いやすいです。

 
つい切れてしまう賞味期限も、保存容器に記されるものも登場しており、

月日などを分かりやすくダイヤル式で回して設定する容器もあります。

 

ついうっかりをなくすために様々な機能性がある保存容器は、

害虫などの侵入を防ぎ、賞味期限も明確なのでいつでも安心して使用することができます。

 

毎日使う調味料は清潔で新鮮な状態を保っていることが第一条件です。

 

03

粉類の他に砂糖、塩、みそ、しょうゆなども必ず賞味期限があります。

 

いつ買ったのか分からない、という方も多く存在しており、

期限を無視して使用している方も多々います。

 

衛生面でも悪いどころか、危うく食中毒にもなりかねません。

大切な食品は期限を守りながら常に新鮮な状態で使用することが大切です。

 

また保存法にも気を付けて、湿気やゴミ、害虫から守られる容器に移し、

常に鮮度を保つことが基本です。長く経つと味自体が変わり、

色も変色してきます。

 

買い物をするたびにバーゲン品を購入し同じ種類のものを何個も買った、

という経験はないでしょうか。

 

ストック品が増えることは、いずれの調味料の期限などを

しっかりと把握しておくことも大切なことです。

そして期限内に使いきるということも頭の中に入れておくことも大事です。

LINEで送る
Pocket
Post to Google Buzz
Bookmark this on BuzzURL



ダイショーの通信販売では、店舗での流通が少ない調味料の他、食品メーカーとして培った原材料の素材知識を活かし『キレイをおいしく・明日を元気に!Healthy & Beauty』をコンセプトに開発した健康美容食品をお届けします。

btn4