手抜きでも栄養バランス! 卵焼きとレタスのスープ煮

明けましておめでとうございます!ダイショーは今年も、みなさんが楽しい生活をおいしく送れるように頑張ります!

さてさて、寒い時期は特に、汁物が欲しいって思う方も多いと思います。

でも、ちょっと面倒なときありませんか?特にお正月明けはなんだか疲れ気味だったりして。。

野菜を切って……、だしの量をはかって……とか。意外に面倒なことも多いです。

そんなこともあって「ああ今日はもう面倒な料理はつくりたくないなあ~」という日には、つい汁物は省いてしまったり。

そんな「つくりたくない症候群」を発症してしまった日には、レタスと卵だけのお手軽スープをつくってみてはいかがでしょうか!

レタスはちぎればいいので包丁いりませんし、卵も調理は簡単です。

だしも鍋の素を使うので、考える必要ありませんよ!

作りたくない

☆作り方

材料と分量(4人分)

卵・・・6個
レタス・・・中1個
サラダ油・・・大さじ4
味・塩こしょう*225g・・・少々
野菜をいっぱい食べる鍋 あっさり醤油味・・・1袋

手順

  1. レタスは洗って大き目にちぎり、水分を切って置きます。
    卵は割りほぐし、「味・塩こしょう」で下味をつけます。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、卵を流しいれ箸で2~3回大きく混ぜます。片面が焼けたらひっくり返して再び焼きます。
    焼き上がったら火を止め、フライ返しなどで4等分に切り分けます。
  3. 鍋に「野菜をたっぷり食べる鍋 あっさりしょうゆ」を入れ、火にかけます。
    煮立ったら卵焼きとレタスを入れ、10分ほど煮込み出来上がりです。

☆レタスの守備範囲はサラダだけにとどまらない!

レタス

レタスと言えば、普段はサラダに使う方が多いと思いますが、実は煮てもおいしいんですよ。

キャベツより柔らかいので、スープによく絡んで、パクパク食べれちゃいます。

今回のレシピでは卵を焼いていますが、これすら面倒なときは溶いた卵を流しいれて、かきたま汁にしてもGOODです。

調理としては手抜きな部分もありますが、出来た料理はしっかりおいしいですから、こういうレシピをどんどん活用して楽しい料理ライフを送ってください!

今年もダイショーをどうぞよろしくお願いいたします。

LINEで送る
Pocket
Post to Google Buzz
Bookmark this on BuzzURL

btn4